事業領域

CLEAN FUELS

再生可能エネルギーの普及拡大にともなう大容量・長時間のエネルギー貯蔵・利用ニーズ、 電化が難しい産業界の脱炭素化の加速。 三菱重工グループは、これらの課題解決の重要な鍵を握る水素・アンモニア等のクリーン燃料に関する 技術イノベーションとバリューチェーンの構築に取り組んでいます。

カーボンニュートラル社会を目指して水素エコシステムを実現する

2050年のカーボンニュートラル社会実現に向けた取り組みが世界で加速する中、化石燃料に代わるエネルギー源として燃焼時にCO₂を排出しないクリーン燃料が注目を集めています。 三菱重工グループは、水素バリューチェーンの上流から下流まで、多岐にわたるコア技術とソリューションを有しています。これらの強みとたゆまぬ技術イノベーションによって、バリューチェーン構築に貢献していきます。

 三菱重工グループが考えるカーボンニュートラル社会実現に向けた取り組みのうち、「水素エコシステムの実現」を強調したイメージ

バリューチェーンを包括する技術とソリューション

三菱重工グループは、製造から輸送・貯蔵、利用における国際的なクリーン燃料のバリューチェーン構築をリードすることで水素エコシステムの実現に貢献していきます。 また、カーボンニュートラル社会の実現に向けて、必要な技術を必要なタイミングで提供することが三菱重工グループの使命と考えます。自社の技術や製品に加えて、革新的な技術を有する複数企業とのパートナリングを通じてさまざまな技術開発を進め、バリューチェーンを包括するソリューションを提供していきます。

 国際的なクリーン燃料のバリューチェーンにおける水素エコシステムの実現に向けた技術開発のフローイメージ

水素エコシステムの実現に向けたグローバルな取り組み

三菱重工グループは、通称「第二T地点」と呼ばれる世界唯一*のガスタービン複合サイクル発電プラント実証設備などを通じて、最先端の技術開発を進めています。信頼性の高い技術を活用し、早期に大規模な需要を創出するべく、世界のさまざまなクリーン燃料関連プロジェクトに参画しています。これらの取り組みにより、水素サプライチェーンの拡大と生産や輸送時のコスト低減を図ります。 *2021年11月時点

 三菱重工グループのCO₂開発に向けた世界各国での取り組みを表したイメージ

2030年に向けて、欧米を中心とする先行市場でのプロジェクト参画を通じてバリューチェーンにまたがる脱炭素技術を確立し、製造から輸送・貯蔵、利用における水素エコシステムの構築によって、幅広い産業セクターでの脱炭素化に貢献していきます。

三菱重工グループが2030年に向けて推進する水素ソリューションの展開イメージ