事業領域

NATURAL GAS

経済発展を支える世界のエネルギー需要を満たしつつ、カーボンニュートラル社会を実現するために、 既存のインフラを有効活用した火力発電の脱炭素化、 および産業用エネルギーの高効率化を実現する、発電ソリューションを提供しています。

カーボンニュートラル社会に向けた取り組み

カーボンニュートラル社会の実現に再生可能エネルギーの普及拡大は不可欠です。それと並行して、経済性や安定供給を維持することも必要です。三菱重工グループは、エナジートランジションの有効な短期的取り組みとして、既存のインフラの脱炭素化を進めることにより、社会コストを最小化しながら、現実的かつスピーディなカーボンニュートラル社会の実現を目指します。
太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーは脱炭素社会の実現に大きく貢献しますが、発電が不連続であるため電力網としての信頼性が低下します。火力発電の中でCO₂排出量が最も少ないGas Turbine Combined Cycle(GTCC/天然ガス焚き火力発電設備)は、柔軟性や信頼性も高く、今後も重要な動力源としての役割を果たすことになります。
三菱重工グループは、高効率なGTCCの開発を通じて、火力発電の脱炭素化に貢献することに加え、BESS(Battery Energy Storage System/蓄電・蓄エネルギーソリューション )を併設することで、その柔軟性をさらに高めるソリューションも提供しています。

 三菱重工グループが考えるカーボンニュートラル社会実現に向けた取り組みのうち、「既存インフラの脱炭素化」を強調したイメージ

Natural Gasバリューチェーンにまたがる貢献

三菱重工グループは、発電はもちろん、天然ガスの製造から輸送を含むNatural Gasバリューチェーン全体にまたがるソリューションを提供しています。幅広い技術と知見を通じて、エネルギーの安定供給と経済性を両立した即効性のある脱炭素化を推進します。

三菱重工グループのNatural Gasバリューチェーン全体における脱炭素化ソリューションの対象イメージ

デジタル技術による製品運用性の向上

長年の発電プラントのO&M(運転・保守)とノウハウを基に開発されたインテリジェントソリューション TOMONITMを活用し、よりスマートな発電プラントの実現を推進しています。
TOMONIは、高精度なデータ分析活用とお客さまとの協働により、設備価値向上や環境負荷低減において高い効果を発揮します。
三菱重工グループは、ハードウェアの開発で得た知識や技術をデジタル技術と融合させ、カーボンニュートラルな社会への移行を積極的に進め、エナジートランジションを促進するさまざまな製品を開発していきます。

 発電プラントでTOMONIが稼働しているイメージ