ブログ

先駆者としての欧州-2050年ネットゼロ社会実現へのさらなる挑戦

  • ジョニー・ウッド
  • 2021-03-10
  • 8 min read

持続可能なエネルギーの活用を長期にわたってリードする欧州。今日では、他国に先んじてネットゼロに関する公約を宣言し、国家経済全体の「グリーン化」を目指しています。 その先駆的な行動の背景には、他国から輸入した化石燃料へのエネルギー依存度の高さとそれに伴う高額な出費、そして炭素排出量の削減に対する意識の高まりがありました。これらの要因を鑑みて、再生可能な天然資源の活用に向けて、欧州は独自に動き出したのです。公約を最初に発表したのは、欧州連合(EU)の一部の国と、英国やノルウェーといったエネルギー(政策)にかかわる知見が豊富な近隣諸国でした。中には、これらの目標を法制化した国もありました。 しかし、再生可能エネルギーを単純に活用するだけでは持続可能な未来を実現することはできません。そのための鍵となるのが、公共輸送および民間輸送の電化や、再生可能エネルギーの活用を促進するための水素プロジェクトと二酸化炭素(CO₂) の回収・有効利用・貯留(CCUS)プロジェクトの開発です。 こうした様々な取り組みが全世界で動き出すにつれて、欧州各国のクリーンエネルギーに対する熱意は、欧州をどのような行動へと移行させるのでしょうか。そして、その中で、どのような課題が待ち受けているのでしょうか。 その答えを導くために、まずは、欧州をはじめ、世界各国がネットゼロに向けてその意思を表明したあたりから順を追って見ていきましょう。

変化を受け入れる

水素の活用

北東イングランドのハンバー地域を中心に複数の重工業が存在しています

北東イングランドのハンバー地域を中心に複数の重工業が存在しています

水素の導入は欧州経済に大きく貢献し、新たな雇用を創出する可能性があります

水素の導入は欧州経済に大きく貢献し、新たな雇用を創出する可能性があります

政策における課題